20代女性30代男性が婚活を始めるメリット

20代 Uncategorized

東京世田谷区結婚相談所ワンバイワン『One By One』エグゼクティブ婚活カウンセラーの志紀です。

きょうは、「20代女性30代男性が婚活を始めるメリット」についての記事です。

20代女性が婚活を始めるメリットは、結婚を先送りすると30代で結婚、出産、キャリアの構築などのプレッシャーがまとめて襲ってくる、という大変な事態を避けることができます。

今は、晩婚化で40代での結婚や出産例もありますが、そうすると「ダブルケア」といて、出産・育児と親の介護が重なり、特に女性に過大な負担が掛かることも社会問題として注目されてきています。

30代男性が婚活を始めるメリットは、日々健康を気遣ってくれるパートナーを得ることで、働き盛り世代に仕事に邁進しすぎるあまり、健康を害してしまったり成人病や孤独死予備軍となるリスクを低減することができそうです。

結婚することで「自由がなくなる」「経済的に負担が増す」「親戚づきあいが大変そう」「これまで他人と暮らしたことないのにうまくいくのか不安」など様々な懸念をお持ちの方もいらっしゃることと思います。

でも、実際に結婚してみたら結婚生活は思った以上に楽しく、幸せなものであり、「将来への不安がなくなった」「こんなことなら早く婚活、結婚すればよかった」と仰っているご成婚会員さまが多いのです!

20代30代など早いうちに婚活を始めるメリットに関連して、私自身が人生についてとても深く考えさせられた、二つの名言をご紹介したいと思います。

婚活中の方々、恋人のいる方、まだ婚活を始めていない方、すべての未婚の方に、心に留まることがあればと思います!

30歳は昔の20歳ではありません(メグ・ジェイ)

30歳は昔の20歳ではありませんとは、20代が人生で最も大事な時、と語る臨床心理学者のメグ・ジェイの言葉です。

結婚や仕事、出産が、30半ば以降になるなど、昔より遅くなったからといって、大事なことを先送りしてはいけない、20代を無駄に過ごして良いというわけではない、ということを、メグ・ジェイは力強く語っています。


アメリカ人の半数以上が、30歳までに結婚するか、 将来のパートナーと付き合うか同棲しています。

40歳以上の方でも取り乱さないで! 会場のみなさんは大丈夫だと思います(笑)

20代の頭をなでながら、 「人生を始めるにはあと10年ある」と言ったら 何が起こるでしょうか?

絶対に何も起こりません。

バーンスタイン(有名な指揮者)は言いました。 偉業を成し遂げるには、計画と焦りが必要だと。

多くの物事を30代まで後回しにすると、 30代でのプレッシャーは巨大なものになります。

 キャリア構築を始め 住む街を決め パートナーを探して 後回しにした分 さらに短い期間に、2~3人の子供を出産することになります。

これらの多くは、同時にはできません。

Facebook上で結婚報告がされ始める頃に 誰でもいいからと同棲相手や寝た相手を捕まえようとするのは 自分を高めることにはなりません。
家族を選ぶということは、 たまたま自分を選んだというだけの人と 漠然と一緒に過ごしたり時間を潰すということではなく 誰とどのようなものを望むか、意識して選ぶことなのです。

■「30歳は昔の20歳ではありません」
http://www.ted.com/talks/meg_jay_why_30_is_not_the_new_20?language=ja

20代からただ年をとっただけの30代で終わらせないために、後回しはやめて、今すぐ行動をすることが大切です。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?(スティーブ・ジョブズ)

皆さんは、自分がまだ結婚をする前にがんになって余命宣告をされる、例えばそんな人生を想像したことがありますか?


次は、スティーブ・ジョブズの、スタンフォード大学の卒業式スピーチでの言葉です。


まったく自覚症状がなかった膵臓のがんが見つかったジョブズ。 余命3か月から6か月と言い渡されたジョブズのスピーチ、3番目の話は「死について」でした。


17歳のとき次のような一節を読んだ。

 「毎日を人生最後の日であるかのように生きていれば、いつか必ずその通りになる」。

それは印象に残り、それ以来33年間毎朝鏡を見て自問している。

 「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」。

そしてその答えがいいえであることが長く続きすぎるたびに、私は何かを変える必要を悟った。

 

■スティーブ・ジョブズ 日本語で学ぶ伝説のスピーチ(字幕)

スティーブ・ジョブズ 卒業式スピーチ全文(日本語・英語字幕) スタンフォード大学 Stay Hungry, Stay Foolish. by Steve Jobs

 だから、常に、「今日1日しかない」と思って、人ではなくほかならぬ自分の人生を、思うままに生きなさいとジョブズは語っています。

私は39歳で子宮頸がんを発症し、治療のため妊娠出産ができなくなりました。

病気にならなければ、ぎりぎり子どもを持てる可能性もあった年齢かもしれません。

しかしすぐにでも治療を行って自分の命を優先せざるを得ない状況でした。

20代で結婚をしていたら、病気になっていなかったか、ここまで悪くなる前に病気に気付けたはずです。

男性も同じですね。

仕事に遊びに全力投球、結婚は面倒と、つい後回しにしていませんか?

健康のありがたさは、健康な時はなかなか気づかないものです。

それを失いかけたとき、誰か傍にいてくれる人はいますか…?

私が昔大好きだった男性は、40歳で喉頭がんのため他界しています。

高身長のイケメンで、とてもモテる男性で、常にまわりに若い女性が何人もいるような人でした。

でも結局最後まで独身でしたね。

奥様や子どもを遺して逝ってしまうのと、どちらがより悲しみが少なくて済むのかはわかりませんが…

賢い皆さんは、後悔のないよう、行動してくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングエントリーしました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

駐在員・エグゼクティブ婚活のリアル☆ブログ - にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました