30代国家公務員男性様、スピード成婚!

成婚エピソード ご成婚事例&エピソード

東京世田谷区結婚相談所ワンバイワン エグゼクティブ婚活カウンセラーの志紀です。

私が運営する結婚相談所にてご成婚されたお二人のインタビューです

成婚祝い

東京都庁45Fレストラン「Good View Tokyo」にてシャンパン&ディナーと、素敵な夜景と共にお祝いさせていただきました。

ご本人の了解を得て掲載しています。

成婚カップル

Fさん 男性(当会会員様)38歳 &Sさん 女性(他相談所会員様)35歳

出会い:入会2か月(Fさん)

活動期間:5か月。

今回はお酒も手伝って!?かなりぶっちゃけたインタビューになってしまいました!!

運命は2回目の天ぷら屋で

Q.すごく早く決まった印象ですが、最初にお会いした時から「この人」と感じるものはありましたか?

Fさん:最初にお会いした時に、この人、というところまではなかったですが、2回目の天ぷら屋ですね!

――2回目の天ぷら屋・・・?

Fさん:お見合いの次に、彼女を食事に誘いましたが、何が良いかリクエストをお願いしたら「天ぷら」という予想外の回答で、いきなり心をつかまれました(笑)


Sさん
:せっかく外食するなら、家ではつくらないようなものがいいと思ったので。

大事なのは、覚悟を決めること


Q.お互いのどこに惹かれましたか? 決め手というのはありましたか。

Fさん:安心感、背伸びせずにいられるところかな。

Sさん:背伸びしてくれてもいいんですけど(笑)

Q.Fさんは、何人かの女性とお会いする中で、彼女には「ピンときた」と仰ってましたが、Sさんは彼に決めた理由はありましたか?

Sさん:彼に決めた理由ですか・・・まだ言ったことなかったですね。彼が傷つくかも。

本当いうと、誰でも良かったんです。


――誰でも良かった!!

Sさん:「この人に決めて、ついていこう」と、覚悟を決めることが大事だと思いました。

まだ私服を見せたことがないんです


Q.昨年12月に成婚退会、年末にはお互いのご実家にご挨拶にいかれたとか。指輪の準備に、両家顔合わせ、結納、新居探しに挙式・披露宴の準備と、すごいスピードで進んでいますね。

形式的なことをしっかりされるのは土地柄?

Sさん:私が一人娘なのでやるべきことはしっかりやることを、両親も強く望んでいました。彼はそれを全部承諾してくれたので。

Fさん:自分は仕事が忙しくて全部彼女に任せきりですが。ていうか、デートすら2,3回しかできてなくて! まだ私服を見せたことがないんですけど・・・

――私服がダサかったら、Sさんがプレゼントしてあげてください(笑)私も夫にプレゼントしまくってますよ。

プレゼント

婚活中の皆さんにメッセージを


Fさん:活動を始めた時は、「3か月で決める」(相談所では、交際3か月を目安に成婚について判断する)というルールに、本当に3か月だなんて短い期間で決められるのか!?無理がある!と思いましたが、彼女と出会って本当に決められました。

決め手は確かにあったと思うのですが、言葉では表現できません。頭で考えるものではない。

是非、皆さんにも体験していただけたらと思います。

相談所での出会いと成婚は、時間に限りある中で決断をしなくてはならない決まりがあります。

このルールのおかげで、ズルズルお付き合いして結局結婚に至らず・・・という最悪の事態を回避することができる。

特に女性にとってはありがたいルールなのです。

貴重な時間を無駄にしなくてよいのですから!

お相手に誰を選ぶか、ではなく、お相手が誰であっても、この人との結婚を絶対幸せなものにする!
そんなふうに覚悟を決めて飛び込んでいくことで、幸せを掴めたお二人。

でも、Sさん、誰でも良いなんておっしゃってるけど、本当はFさん、素敵な男性ですから!

だから覚悟決められたんですよね笑

ちなみにFさん私服もオシャレですよ!!


Fさん、Sさん ありがとうございました!
末永くお幸せに~

婚約おめでとう

タイトルとURLをコピーしました