男性の医者が結婚相手の女性に求めるもの

医師とのお見合い結婚 お医者様とのご結婚成功事例

医師とのお見合い妻に求められるもの

東京世田谷のエグゼクティブ婚活 結婚相談所ワンバイワン代表カウンセラーの志紀です。
結婚相談所の女性会員さまや、ブログの読者さんには、密かに、医師の方とお見合い結婚したい!という希望をお持ちの方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

当相談所は駐在員やビジネスエリートとの婚活に強い結婚相談所ですが、医師はもちろん歯科医師、弁護士、公認会計士などの先生方や国家公務員、官僚の方々等にもこれまでご入会をいただいており、お見合い実績も豊富でご成婚事例もございます。

セレブ向け、カジュアル、同世代希望など色々な特徴の結婚相談所がありますが、IBJの加盟店であれば、基本的には希望すればどんなお相手ともお見合いのお申し込みやお申し受けがあり、お見合いや結婚のチャンスがあります。

当相談所会員様も、多様なご職業の方とお見合いされ、最終的には経済的にも安定した、お人柄の良い方を選ばれご成婚されています。

でもできることならばお医者様と結婚したい!!

そんな皆さんに、今日は医師とのお見合いや結婚で妻に求められるものについての記事を書かせていただきます。

お医者さんは家では○○○○○○たい!

私が以前、結婚をお世話させていた女性に、医師の方のお嬢様がいらっしゃいました。何不自由ない優雅な暮らしぶりでしたので、医師妻のお母さまは、お嬢様にもやはり医師とのお見合い結婚をと強く希望され、私にご相談いただいたのです。

お母さまも、医師のお父さまとはお見合い結婚だったとのことです。

今日はこのお嬢様の婚活話ではなく、お母さま(Mさんとしましょう)の医師とのお見合い結婚について触れてみます。

医師とお見合い結婚といっても、Mさんの時代のお見合いは、いまのような結婚相談所やIBJのようなシステムもなく、周囲の方のご紹介によるお見合いでした。

そのとき、Mさんには、今のご主人となられた先生の他にもう一人、会社経営者の方との縁談もあったそうです。

朴訥とした、真面目な医師のご主人と比べて、経営者の方はお話も楽しく、お洒落な雰囲気の紳士だったそうです。


ある日、そのお見合い相手の経営者の方が、たまたまMさんの職場の近くに来たとのことで、仕事が終わった後に急きょデートをすることになったそうです。

Mさんはその日、仕事がとても忙しかったそうで、小串が乱れてしまっていました。
しかし、美容室に行っている時間もなかったため、あわてて、当時流行っていたウィッグをかぶって、何とか職場からデートへと直行されたそうです。

そして、2人で公園の並木の下を歩いていたときに・・・

悲劇は起こりました。
急に何者かに後ろ髪をひかれたMさん。

昔の世代にしては、長身でスラっとしたスタイルの良いMさんが驚いて振り返ると、並木の枝に髪がひっかかっており、なんと振り返ったはずみでそのカツラがすぽーーんと飛んでしまったのだそうです

Mさんは、その場は大きな声で笑って取り繕ったそうですが、内心、このお見合いはもう「ないな…」と覚悟をきめたそうです。

しかし、デートでヅラをすっとばしてしまっても明るく笑い飛ばしたMさんは、予想外にお相手の方に気に入られ、その後もデートに誘われ、プロポーズまでされたそうなんです‼

結果的にMさんは、この経営者の方ではなく、ご家族の勧めもあり医師である今のご主人を結婚相手に選ばれたわけですが、

医師とお見合い結婚した奥様はどんな女性かというと、とにかく天真爛漫で明るい方だったということです。

他にも、私の知人で医師の奥様という人は結構いらっしゃって、同じ医師や薬剤師・看護師など医療職の医師妻さん、育ちの良いお嬢様の医師妻さんなど色々ですが、明るく活動的な方が多い印象です!

お医者さんは、お仕事では患者さん、つまり元気ではない人・弱っている方を助けるお仕事ですから、家では自分が元気をもらいたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか!?

医師とのお見合い結婚を考えている女性のみなさんは、結婚相手には一緒にいてホッとするような明るさも求められるものですので、ぜひ心がけてみてください!


幸い、医師妻Mさんのお嬢様もとても素敵な女性でしたので、何人かの医師の方も含め、エリートの方を多数ご紹介でき、交際に至ったりもしました。

お母様が求められた医師とのお見合い結婚には至りませんでしたが、最終的には、有名企業にお勤めのビジネスエリート男性とご成婚に至りました。
海外駐在のご主人に帯同され、ハウスキーパー付きの、絵にかいたようなセレブな生活を送っておられます。

今は、コロナ禍もありお医者様はいろいろと大変な時代ですので、医師とお見合い結婚するよりも、お母様も安心かもしれませんね!

医師とのお見合いに向けた当会のサポート

医師や弁護士、海外駐在員などエグゼクティブ男性は結婚相談所でも大変人気です。

相談所によっては、「高望みはやめろ」とお申込みを見合わせるよう迫るカウンセラーさんもいらっしゃるかもしれません。

当相談所ワンバイワンでは、理想を下げなくてよいと入会面談などではいつもお伝えしておりますが、医師や弁護士、海外駐在員など人気職種の方と、誰でも努力なしで簡単にお見合いできるというわけではないということは、他の相談所と大きな変わりはありません。

そういった職種の方とのお見合いを希望される女性さまには、場合によってですが、お写真撮影やお見合いの際にウィッグの着用をおすすめすることがあります。

なんだか自分を偽っているようで気が引ける方もいらっしゃるかもしれませんが、ヘアスタイルひとつで人は大きく印象がかわります。

経験的に、IBJのお見合いシステムでは、女性のロングヘアは最低でも3割増しで美人見え!

お申込みくださる男性の数やお見合い成立率が上がり、より素敵な男性とのご縁が期待できると実感しています。

実際、当会のアラフォー女性会員様でなかなか希望条件のお相手とお見合いが成立しなかったため、ウィッグでヘアスタイルをチェンジしてお写真を撮影しなおしたところ、医師や大学教授、高収入有名企業勤務の方など、ハイステータス男性と次々お見合いが成立

男の人ってほんと、わかりやすいですね…。

もっとも、同じ人物でこれだけの違いがでたのはただウィッグを使ったというだけではなく、他にも色々な工夫や仕掛けがあったりしますが。

男性の方も、お見合い相手がウィッグだったからといって、「騙された!!」なんて思わないでくださいね!

お相手のロングヘアが素敵だった、と思えば、伸ばしてもらうことはいつでもできます。

上記の女性さまも、その後髪を伸ばされ、エレガントな女性に大変身しました。

それに、思いがけずカツラが飛んだりして、笑いのたえないデートができるかもしれません 笑

今日は「医師とのお見合い妻に求められるもの」について記事を書かせていただきましたが、医師とのお見合いに限らず、奥様となられる方に明るさを求められる男性は多いです。

コロナ禍など受難の日々だからこそ、みなさんが明るい家庭を早く築かれる日がくるよう願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングエントリーしました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

駐在員・エグゼクティブ婚活のリアル☆ブログ - にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました